ベトナムのスターバックスは新興国市場進出のお手本?

公開日: : 最終更新日:2015/01/13 アジア食べ歩き, ベトナムのニュース, ベトナムの事情

AD

starbucks1

写真はホーチミンのスターバックス

 

つい先日、ベトナムの首都ハノイに、スターバックスの1号店が開店したそうです。

スターバックス ハノイ1号店の開店を伝える記事

Starbucks brings iconic coffeehouse experience to Ha Noi

 

私はハノイ在住ではないのですが、私の住んでいるホーチミン市には、すでにスターバックスが8店舗あります。

しかし、めったに行きません。

 

その理由は、次の通りです。

  1. ローカルのカフェよりもはるかに値段が高い。
  2. いつも混んでいて落ち着かない。
  3. インターネットを利用するときに使うWifiが1時間しか使えない。長時間使いたい場合はまたコーヒーを注文しなければならない。

 

ベトナムはコーヒーの生産国なので、ホーチミンにはカフェがたくさんあります。わざわざ高くて混んでいて不便なスターバックスに行く必要がないのです。

 

ただ、上で紹介した記事中に気になる商品があったので、それを目当てに行ってみました。

スターバックスのベトナム限定メニュー、Asian Dolce Latteです。スターバックスはカフェ文化が根付いているベトナムに進出するにあたり、現地のコーヒーを参考に開発した商品とのこと。

 

Asian Dolce Latte

 asiandolcelatte

 

一番小さいサイズで75000ドン(約325円)、私は真ん中のサイズを頼んだ。80000ドン(約400円)でした。

どんな味かというと、日本でよく飲まれているアラビカ種のコーヒーに、コンデンスミルク(練乳)を入れたもの。写真の下部分がコンデンスミルク。

 

結論から言うと、あまりおいしくないです。コンデンスミルクの甘ったるさが完全にコーヒーの味を殺してしまっています。

ベトナム人は甘いものが好きで、ローカルのカフェでもよくコーヒーにコンデンスミルクを入れて飲ませますが、これは私もおいしいと思います。

AD

ベトナムのカフェで出されるコーヒーは、ベトナムで生産された、ロブスタ種のコーヒー。アラビカ種よりも苦味が強く、味も濃いです。

だから、コンデンスミルクを入れても、コーヒーはその甘ったるさに負けることなく、程よい味になります。

 

しかし、スターバックスで飲めるアラビカ種のコーヒーはロブスタよりも味も苦味もマイルドなので、これではコンデンスミルクを飲んでいるような気分になってしまいます。

 

値段も高い。80000ドンという値段は、コーヒー一杯の値段としてはベトナムでは破格の値段です。ローカルのカフェでコーヒーを飲むときは、この半額の40000ドンでも高いなという気になるし、ホーチミンではあと20000ドン(100円)も追加したら、おいしいステーキやかつ丼を食べることができます。

 

このAsian Dolce Latteに限らず、スターバックスのコーヒーは値段が高いです。それにもかかわらずいつもお客さんがたくさんいます。

言い換えると、値段が高くても集客力が強いといえますね。しかもライバルはたくさんいるのに。

 

なぜ、ベトナムのスターバックスは集客力があるのでしょうか。

考えられる理由のひとつは、ベトナムのローカルカフェで出されるのはロブスタ種で、スターバックスはアラビカ種のコーヒーを出します。

ベトナム人でも苦いロブスタのコーヒーは苦手という人は案外多いので、より味がマイルドなアラビカ種を飲みたいというお客さんを獲得できたということです。これなら、現状スターバックスは独り勝ちに近いです。

 

もうひとつの理由は、外資系のブランド力でしょうか。しかし、外資系の飲食といえば、KFC、ロッテリアもホーチミンにはあるが、スターバックスほどの集客力はないように思います。

 

私は飲食ビジネスに詳しくないので、なぜ、ベトナムのスターバックスが集客力が強いのかよくわかりません。

しかし、ベトナムをはじめとする新興国に進出したいという企業にとっては、ベトナムのスターバックスは参考になるのではないでしょうか。

カフェについてはローカルのライバルも多いベトナムという市場で、価格が相場の2倍近くても抜群の集客力があるスターバックスはいろいろなビジネスのお手本と言えるでしょう。

 

私は行きませんが。

 

アジアでの男女交際や友達作り、生活便利情報、旅行テクニック、ニュースなどアジアでのお役立ち情報が満載です。
このブログの目次へ

AD

関連記事

spiceindia1

ホーチミン、新装開店のインド料理店SpiceIndia

ファングーラオ通りとブイビエン通り界隈は本場のインド料理が食べられるお店は私が知っているだけでも

記事を読む

15359092950_d40cee7608_z

【エボラ】ベトナム系アメリカ人の美人看護士ニーナファムさん、治療のためメリーランドへ

アメリカのテキサス州ダラスでエボラ出血熱にかかり、死亡したエリックダンカン氏の看護のときに、エボラ出

記事を読む

8103505401_544b7dd3fb_z

TPP合意がタイ、ベトナムへ与える影響

太平洋に接する諸国間の貿易協定、TPPが、大筋合意されました。今後、各国の議会で批准されて、正式に発

記事を読む

Jpeg

ベトナムのおすすめスムージー(シントー)はアボカド。美容やダイエットによく、がんの予防にも

ベトナムは東南アジアの国らしく、南国の果物が豊富で、そのまま食べてもおいしいのですが、スムージーにし

記事を読む

Jpeg

ベトナムでPCが壊れたので、ホーチミンでパソコンを修理してみた

先日、PCを使っていたら、突然フリーズしてしまい、うんともすんとも言わなくなってしまいました。

記事を読む

2524121323_5441e77832_z

ミスベトナム2014決勝に、世界的ポップシンガー、ケリークラークソンが出演

今年のミス・ベトナム決勝は12月6日に開催されます。場所は近年リゾート地としても人気のフーコック島で

記事を読む

3277441929_64624506b9_z

アメリカ利上げの影響。ベトナムドンの通貨安、大幅下落の可能性

アメリカの利上げにより、新興国の通貨は売られて、通貨安になっていますが、私の住むベトナムも例外ではあ

記事を読む

3392900564_25f06679f1_z

米国の企業、ベトナムをASEANでは2番目に進出したい国と評価

シンガポールのアメリカ商工会議所が行ったアンケート調査によると、アメリカの企業が進出、事業を

記事を読む

richman

ベトナム人の富裕層とは

    先日、世界銀行からベトナムの一人当たり所得や、富裕層

記事を読む

6502215687_c4ecb096d7_o

ベトナムの電子商取引は急激に成長。22億ドルの市場で成長率300%

ベトナムのeコマース市場は急激に成長しており、2013年は22億ドルの取引があり、前年比30

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑